延長筒(ドタバタ99)

前回NERO-200Nを組み上げた際、鏡筒が長いので、
三脚に当たってしまうため延長筒を購入しました。
画像


取り付けについては、少し面倒なのと
中華製の工作の悪さといい加減さが加わり
苦労しました。

まず2つに分離して下の部分を三脚に付けます。
画像

上の部分を架台に付けて三脚に固定して終了です。
つい心の声が(めんどくさ~)
画像

三脚止め板は以前使っていたものに変更
アリガタは、中心より外へ出したいので、標準のアリミゾに
昔買ったロスマンディサイズのものに三基光学館の
ビクセン規格のあり溝を着けています。

そして鏡筒の搭載
画像

延長筒のおかげで三脚との距離をとることができました。
画像


それとフィルターターレットでの合焦できずアイピースに付けることになります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KEN
2018年04月14日 23:54
こんばんは!
初めてコメントさせていただきます!
とは言っても今までBT81S-AやAZ-EQ5GTの検索で引っかかり、何度か拝見させていただいていたのですが
今回は、AZマウントProで検索していたら、またコチラに^^;

実は同経緯台を購入しようと思っています
今回出てきた延長筒はジズコのHPにある「203mm長脚延長筒」と言う商品でしょうか?
また、ゆくゆくはマクカセ(BKMAK150)やニュートン反射(セレストロンC-8N)とBT81S-Aを同架させようと思っているのですが問題なさそうな感じでしょうか?

いきなり質問ばかりですいません^^;
お手すきの時にご教授いただけたらと思います
sorayoshi
2018年04月16日 13:48
KENさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
よく見て頂いているようで加えてありがとうございます。
さてご質問ですがページにあります延長筒は、ジスコの203mm延長筒です。
AZマウントProを購入予定なのですね。

まず、同架についてですかあまりお勧めはしません。
理由としては、AZEQ-5で確認したのですが主鏡筒とバランスウェイト軸に取り付けるサドルが平行にすることができませんでした。
大体2°ぐらい外側に開いてしまいました。
AZマウントProではその経験で同架は行わないことにしました。
AZマウントProでBT81S-Aを使用する時は主鏡側に取り付けます。BT81S-Aのアングルを含めた総重量は11kgぐらいになりまた、バランスはとれませんので主鏡側です。(架台が壊れても自己責任でやっています。)
まあとても安い架台なので仕方ない部分はあります。
もしも同架する必要があった場合(ないと思いますが。)
ユーハン工業特注で製作してもらうしか方法はないと思います。

あとセレストロンC-8Nは、AZマウントProでの推奨鏡筒ではないので、どちらかが不足の事態で破損しても自己責任になります。
今ページに記載しているNERO-200Nも推奨外の鏡筒と承知して自己責任で搭載しています。
老婆心ながら、BT81S-Aを架台に搭載するLアングルですが、カメラねじで固定しないことを推奨します。
初めの頃ネジの締めが甘く架台ごと倒れました。
地面に衝く前にキャチできたので何も壊さずに済みました。
今後ともご活躍を。
KEN
2018年04月17日 12:30
こんにちは
ご丁寧にありがとうございます。

実はBT81S-Aは、まだ未購入で「捕らぬ狸の皮算用」的なところなのです^^;
C8-Nは単独で使用し、まずは手持ちのマクカセBKMAK150と屈折のFC-76あたりで、試して見ようかと思います。

肝心のAZマウントPRO、昨日ジズコさんのショールームで見てきました。
高速駆動なのに、とても静かでびっくり。
アライメントも簡単そうで良いですね。
私は雑誌に投稿するような写真は目指していないのですが、観望がてら20〜30秒ほどの露出で系外銀河でも撮れたらな思っていて、それも可能な感じ何よりです。
残念ながら在庫は無く、手元に来るのは一ヶ月後ぐらいになりそうですが、導入後何かあったらまた質問させてください。

ありがとうございました。
sorayoshi
2018年04月18日 17:48
KENさんまた宜しくです。

そうそう、ジスコのショールームへ行かれたのですね見るだけだと対応が悪いですが、買うと言うと態度が一変します(笑)

この記事へのトラックバック