冬の観望(乙女高原)

12月16日に、乙女高原へ行ってきました。
定例の観望会が先月終了しましたが、
二日前の14日に「ふたご座流星群」の観望会を行っていて、
その後残る方がいると思いましたが残念ながらどなたもいらっしゃいませんでした。

前日からいらした方1人
当日3人計4人でした。

冬のこの時期に観望ができるのはごくまれなことで、
通常だと、定例観望会で常宿としている金峰山荘は冬季閉鎖となりますが
今年は定例観望会の天気が悪く、特別に開けて頂きました。
金峰山荘さん感謝です。

空は快晴で、カシオペアからぎょしゃまでの天の川がとてもきれいでした。
個人的には、馬頭星雲を狙ったのですが残念ながら見えませんでした。
ふたご座流星群の名残はあまりなく、1時間に4~5個しか確認できませんでした。

また、定例観望会ではないので、防寒に炭をバンバン焚いて暖を取っていました。
この時期でこんなに暖かい時間を過ごせたのは初めてです。
4時間で炭を18kgほど使いました。

持ち込んだ機材
鏡筒:笠井トレーディングGS-200RC
架台:iOptron AZマウントPro
アイピース:タカハシAbbe or 32mm、25mm、18mm、12.5mm、Erfle28mm
フィルター::31.7mmターレット コントラストブースター、LPS-P2、UHC-S、Hβ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック