アリガタのロスマンディ規格化(ドタバタ91)

前の日記で、GS-200RCの振動対策として、鏡筒バンド式への変更と
アリガタをロスマンディ規格にしました。

AZ-EQ5GTに取り付けたTOMITAオリジナルのデュアルアリミゾが重いのと
デュアル故水平軸より15mm程外側になってしまいロスマンディ規格にした場合と
ビクセン規格にした場合では、振動がビクセン規格の方が振動の幅が少ないことが
わかりました。
とても良いアリミゾなのに、架台の性能不足により残念です。
画像

画像

せっかくロスマンデイ規格のアリガタを取り付けたので
水平軸から、5mm程にするために三基光学館に駆け込み
C10-DT2アリミゾを購入しました。
画像


取り付けはまだですが、明日以降に取り付けて振動の具合を確認する予定です。

TOMITAのデュアルアリミゾは、T-MOUNT経緯台に取り付ける予定です。
今後、ES102WHと対空双眼用ダブルLアングルもロスマンディ化をする予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック